JCCA 一般社団法人 建設コンサルタンツ協会
お問合わせ 関連リンク サイトマップ 検索 HOMEへ
会員ログイン
HOME > 建設コンサルタントという仕事 > 建設コンサルタントへの誘い
建設コンサルタントという仕事
建設コンサルタントへの誘い
建設コンサルタントという仕事
(1) やりがいのある職業
 建設コンサルタントの仕事は、医師などと同じように専門性の高い仕事であるため、厳しいものであるかもしれません。しかし、国民生活を支える社会資本(安全・安心な豊かな国作りの基盤)を整備するという大事な役割を持っている働き甲斐のある職業だといえます。女性技術者も増えてきました。もちろん、管理職となっている女性技術者もいます。
3つのマネジメント
1 国土マネジメント(国土管理・国土経営)/不適切・非効率な投資の防止、様々なネットワークの形成と活用、地域の合意形成と活性化などのマネジメント
2 ライフサイクルマネジメント(資産運用・環境負荷)/社会資産の事前検討、モニタリング、資産運用、耐久性の確保、廃棄までの環境負荷を考慮したマネジメント
3 事業執行マネジメント(透明性・経済性)/事業主と施工者、事業主と設計者をつなぎ事業主の利益をまもるマネジメント
 建設産業は今大きな試練を迎えています。一方、国民の多くが望んでいる本当に必要な社会資本整備を行なうためには建設コンサルタントの役割がますます重要になり、それらを果たすためには建設コンサルタント業務の周辺領域への拡大が求められています。特に、私たちが考える拡大領域としては、国土のマネジメント、ライフサイクルマネジメントおよび事業執行マネジメントなどに関わる部分です。これからの建設事業の執行システムでは、事業評価・説明責任など事業の必要性と透明性を確保することが必須となります。このような役割の多様化と拡大は、良質な社会資本形成のための国民の要請といえます。この拡大する役割を担う者として一番近いところにいるのは、建設コンサルタントであると私たちは考えています。社会貢献を考える人には、将来展望があり、やりがいのある職業だといえます。
写真 活躍する女性コンサルタント技術者 これまで私たち建設コンサルタントは土木工学技術者が中心となって技術者集団を形成していましたが、近年、多くの知恵と英知を結集することが社会の要請となり、環境問題の解決、PFI事業など、私たちの業務の内容も多様化してきました。
 建設コンサルタントは多くの専門家を求めています。志のある多くの方々の参加を求めます。
PAGE TOP
(2) 建設コンサルタントにもとめられる素養
 建設コンサルタントの仕事は責任のある、やりがいのある仕事です。これを行うためには、常に高度な技術力が求められ、経験や学習によって継続的に能力を伸ばすことが必要です。
 専門能力の深耕とコミュニケーション能力の向上は必須です。企業の役割・企業内の技術者の役割に応じて、自己の能力開発を継続的に維持・向上できる技術者、自己のキャリアパスを意識して自らを鍛える技術者が求められています。
 正・不正を的確に判断できる倫理観を有し、適正な技術をもって問題解決する技術者が期待されています。倫理は技術者が堅持しなければならない規範であり、業務や役割に応じた固有の倫理があります。関連法令の遵守は倫理堅持の前提条件です。
 多様な役割に向かって活路を開くためには、建設コンサルタント技術者は他を牽引するリーダーとしての素養が要求されることになります。
 いずれにしても、建設コンサルタントの資源は人材です。優秀な個人が十分にその力を発揮できる環境を持つことが、建設コンサルタントの未来を約束すると考えています。
1 問題対応能力 企画力、発想力、構想力、情報収集力、分析力、問題発見力、問題解決力、判断力、遂行力(工程管理)等 2 人間対応能力 コミュニケーション力、プレゼンテーション力、説得力、交渉力・調整力、合意形成力、マネジメント力、行動力、リーダシップ力、教育・指導力 等
PAGE TOP