技術委員会(土質・地質専門委員会)

JCCAの紹介と理念

平成26年度事業計画

技術委員会(土質・地質専門委員会)

事業計画要旨

1. 講演会(継続)
 会員向け(支部計2会場(東京・大阪))に「第20回地盤技術講演会」 を開催する。この講演会は、会員サービスの一環として設計技術者を対象に地盤技術の基礎的な素養を涵養するために企画・実行している。テーマ、講師は新年度になって企画検討するが、近年重要となっているテーマを中心に、会員のニーズを把握して決定する。また、要望があれば発注機関(関東付近の国交省または地方自治体)向けにも出前で開催する。講師は外部講師1名と当委員会の委員1名程度を予定している。
2. 照査特別WG活動への参画(継続)
 エラー防止活動への取組みに当専門委員会も引続き参画する。セミナー資料として、テキスト(エラー事例の内容と再発防止策提案)のリニューアルを行う。
3. RCCM更新講習会(継続)
 H26年度RCCM登録更新に関わる講習会使用CD-ROMの分野12「地質部門」および分野13「土質及び基礎部門」のPPTテキストの一部改訂作業を行う。
4. その他(特命事項など)
技術委員会の要請に応じ、協会外機関・委員会などへの委員派遣および特命事項への対応
関連する「仕様書」「歩掛」作業への対応

実施方法

委員会 10回(定例:月1回)    
3WG(講演会、品質、RCCM)は継続して活動(必要に応じ随時開催)

スケジュール等

講演会2回
(同一テーマ、会員向け2会場、外部講師1名+内部講師1名)