建設コンサルタントについて

社会資本整備とは

社会資本とは

私たちの日常生活は、さまざまな施設に支えられて営まれています。これらの施設は、主に私たちの納める税金により整備されており、国民共通の資産であることから「社会資本」と呼ばれています。

安全・安心:私たちの暮らしを災害から守るための河川、海岸、砂防、急斜面など
交通:毎日の通勤・通学や旅行等で利用する鉄道、道路、空港、港湾など
ライフライン:日常を支える上下水道、電気、通信、ガスなど



社会資本の整備

社会資本の整備においては、多様な社会のニーズを的確に把握し、国民により良いものを、適切な費用で提供することが求められています。そして国民のニーズが社会資本として実現するまでの間にはたくさんの人が関わります。また、これまで高度成長期に大量に蓄積された社会資本ストックは老朽化しつつ膨大になっており、今後はその維持・管理・リニューアルなどが大きな課題になっています。

このような背景の中で、これまで私たちコンサルタントは企画から調査・計画、設計、工事管理、維持管理さらにはリニューアルの企画から工事管理までの段階において、国や地方公共団体のパートナーとして、広く関わってきました。

国民のニーズ
国民のニーズ
コンサルタント関係図
次へ
企画
企画
次へ 調査
調査
次へ 解析・設計
解析・設計
リニューアル   次へ
維持管理
維持管理
次へ 完成
完成
次へ 工事(管理)
工事(管理)

これからの社会資本整備の推進の方向性

これからの社会資本整備は次のようなことを念頭に進めることが重要になってきます。

  • 国民が安全で安心に暮らせる国土を形成すること
  • 循環型社会を形成すること
  • 環境・防災・景観に配慮し、魅力と活力のある都市に再生すること
  • 日本の文化と自然を再生すること
  • 国力と国際競争力を強化すること

北海道民の多くが望む社会資本整備

全国的に少子高齢化が進む中、北海道では石炭産業、北洋漁業の衰退などにより人口の札幌への一極集中が進む一方、自然豊かな広い大地、積雪寒冷な気象の中での広大な過疎が広まりつつあり、地方自治体の財政は疲弊し、地域医療の崩壊などの危機に立たされています。

このような情勢の中、最近でも河川洪水、道路斜面崩落、大雪、地震・津波、火山噴火などの自然災害は多発し、安心・安全への対策が求められています。また都市間の移動時間の短縮や救急医療対策、災害時の救援ルートの確保などから交通網の整備、さらに都市部における下水道整備などが求められています。

今後はこれらの整備事業のニーズを的確に把握し、その効果を十分に検証しつつ、自然環境の保全・再生、エネルギー・資源循環の促進とも絡めながら、自然豊かな魅力ある北海道づくりを実現させることが必要です。

ページの先頭へ戻る