部会の活動

九州支部では年次運営方針に従い、会員会社や事務局の協力体制のもと様々な支部活動を実施しています。
本年度の各部会(総務・企画部会、対外活動部会、技術部会、夢アイデア部会、特別部会)の活動報告を随時掲載します。

[2018.2.07]自治体との意見交換会総括会見を開催しました

対外活動部会 | 対外活動委員会

平成29年10月6日~平成29年28月12月19日に開催した7県・3政令都市との意見交換会について、総括会見を行いました。
自治体名 開催日/場所/出席人数 テーマ 総括会見記事
佐賀県 2017/10/6
県庁11F1号会議室
建コン17人、県側8人
  1. 魅力ある建設コンサルタントに向けた
    担い手の育成・確保のための環境整備
  2. 技術力による選定
  3. 品質の確保・向上
  4. 県(市)への個別要望
建設工業新聞
建設通信新聞
九建日報
西日本建設新聞
鹿児島県 2017/10/27
サンロイヤルホテル3F嵐山の間
建コン15人、県側10人
熊本市 2017/10/31
マスニューチュアル生命ビル2F入札室
建コン18人、市側17人
熊本県 2017/11/8
県庁本館11F土木部会議室
建コン20人、県側12人
大分県 2017/11/9
大分県庁新館6F入札室
建コン16人、県側8人
北九州市 2017/11/14
北九州市本庁 特別会議室A
建コン16人、市側7人
長崎県 2017/11/16
県庁本館2F会議室
建コン13人、県側9人
福岡県 2017/11/29
福岡県吉塚合同庁舎801会議室
建コン43人、県側10人
福岡市 2017/11/30
天神ビル9号会議室
建コン28人、市側17
宮崎県 2017/12/14
宮崎県庁9号館932会議室
建コン22人、県側9人
沖縄県 2017/12/19
沖縄県自治会館第1会議室
建コン8人、県側7人

[2018.02.02]委員長交流会を開催しました

総務企画部会|企画委員会

支部役員会にて了承された「平成30年度事業運営方針」をもとに、各部会・委員会にて平成30年度の事業運営方針を作成するにあたり、各部会・委員会が確実に支部方針を計画・展開いただくことが重要との認識から、例年通り委員長交流会を開催した。

イベント名 第二回委員長交流会
開催日 平成30年2月2日(金) 15:00~17:00
場所 カンファレンスアスクビル
参加者 24名 (各委員長、企画委員会)
議事
  1. 平成29年度第1回委員長交流会議事録について
  2. 平成29年度事業運営方針の対応結果について
     ※各委員長 活動状況の確認
  3. 平成29年度収支状況について
  4. 平成30年度事業運営方針(案)について
     ※各委員長 対応方針の確認
  5. その他事項 サテライト講習会について

[2018.01.19]サテライト講習会運営をサポートしました

総務・企画部会 | 企画委員会 地域部会 | 各県部会

地方会員へのサービス向上を目的に、福岡市で開催の講習会をライブ中継することで他県からも受講しやすい環境を提供した。
平成29年度は、以下の講習会のサテライト中継をサポートした。

情報セミナーin 大分 2017



開催日
参加人数


平成29年9月1日
佐賀/6名(3社)、熊本/8名(4社)、
宮崎/9名(6社)、鹿児島/5名(4社) 
  計 28名  
平成29年度 河川技術講演会



開催日
参加人数


平成29年9月6日  
佐賀/4名(2社)、長崎/6名(1社)、大分/18名(11社)、
熊本/9名(5社)、 宮崎/15名(8社)、鹿児島/9名(5社)、
 計 61名 
環境都市共催セミナー



開催日
参加人数


平成29年9月29日
佐賀/9名(2社)、長崎/11名(2社)、大分/15名(6社)、
熊本/6名(4社)、宮崎/5名(3社)、鹿児島/2名(2社)、
 計 48名
道路技術委員会「技術講演会」



開催日
参加人数


平成29年10月4日
佐賀/7名(5社)、長崎/11名(2社)、大分/12名(6社)、
熊本/4名(2社)、宮崎/7名(3社)、鹿児島/4名(4社)
 計 45名
契約のあり方講習会



開催日
参加人数


平成29年10月13日、
佐賀/7名(4社)、長崎/5名(3社)、大分/8名(6社)、
熊本/5名(3社)、宮崎/6名(4社)、鹿児島/8名(6社)、
 計 39名
エラー防止セミナー(午前・午後)




開催日
参加人数




平成29年10月27日
【午前】佐賀/8名(3社)、長崎/7名(2社)、大分/18名(9社)、
熊本/4名(3社)、宮崎/8名(5社)、鹿児島/1名(1社)、
【午後】佐賀/10名(3社)、長崎/7名(2社)、大分/18名(9社)、
熊本/3名(2社)、宮崎/8名(5社)、鹿児島/1名(1社)、
 午前・計 46名、午後・計 47名、
環境・都市等技術委員会セミナー



開催日
参加人数


平成29年11月22日
佐賀/3名(2社)、長崎/8名(2社)、大分/6名(4社)、
熊本/2名(1社)、宮崎/6名(3社)、鹿児島/1名(1社)、
 計 26名
河川セミナー第二回



開催日
参加人数


平成29年12月4日
佐賀/10名(3社)、長崎/3名(2社)、大分/12名(6社)、
宮崎/8名(3社)、鹿児島/6名(4社)、
 計 39名


[2018.01.19]各自治体へ講師を派遣しました

技術部会 | 講師派遣委員会

各自治体から職員に対する研修の要望に応じて、会員会社の最適な講師を選任し派遣している。
平成29年度は、以下の自治体に派遣した。

福岡県建設技術情報センター研修



























開催日
場所
講習内容

























平成29年7月11日~10月11日
福岡県建設技術情報センター
  • 概説、表面排水、地下排水・構造物排水、排水に関する近年の動向
  • 擁壁の概要と基本方針・計画・調査、設計に関する一般事項、コンクリート擁壁の設計①(演習&解説)、擁壁全般に関する一問一答、コンクリート擁壁の設計②(演習&解説)、補強土壁設計、維持管理
  • 橋梁設計概論、橋梁計画、設計条件、施工計画、上部工の設計(演習)
  • コンクリートの変状と原因、コンクリートの補修・補強、鋼構造物の変状と原因、鋼構造物の補修・補強、演習問題
  • 橋梁技術の変遷、橋梁維持管理のあり方、橋梁定期点検要領の解説・実習①②③
  • 交差点計画の概要、交差点処理計画、交差点処理計画、交差点計画図作成
  • 交差点計画のチェックポイント、交差点計画に関する最近の話題
  • 舗装の設計、CBR(演習と解説)
  • 下水道管路の設計
  • 下水道管路に関する最近の話題
  • 地盤調査の基礎の基礎、土質調査・試験結果の解釈、地震と地盤、CBRと舗装の設計、基礎や盛土の失敗事例(なぜ失敗するか?)、地盤から見たコスト縮減の技術
  • 設計演習(・TA法による舗装の設計、・地滑り解析、対策工の設計)、設計演習(・直接基礎の安定照査、・軟弱地盤解析)
  • 法面工の基本的な考え方、落石対策の設計と施工、落石対策演習、地すべり対策の設計・施工及び演習、土石流対策の設計・施工、維持管理
  • 治水計画(演習)
福岡市役所技術職研修



開催日
場所
講習内容

平成29年9月6日~10月30日
天神ツインビル
  • 技術職研修 土質調査・地盤改良工法
  • 技術職研修 仮設工
長崎県土木部職員等専門研修


開催日
場所
講習内容
平成29年7月14日
長崎県建設技術研究センター
  • 擁壁計算例の説明とその演習(グループ演習)
宮崎県建設技術センター研修


開催日
場所
講習内容

平成29年8月8日~8月17日
宮崎県建設技術センター
  • 道路建設(スキルアップ)・道路の調査・計画
  • 道路保全・既設橋梁の耐震対策
(公財)鹿児島県建設技術センター

開催日
場所
講習内容
平成29年9月22日
(公財)鹿児島県建設技術センター
  • 建設技術者専門研修(橋梁維持管理課程)・補修・補強設計に関する内容


[2018.01.16]木谷副会長講演会を開催しました

総務・企画部会 | 総務委員会

当協会副会長の木谷 信之氏に「建設コンサルタントを巡る最近の動向」について講演いただいた。

イベント名 木谷 信之副会長講演会
開催日 平成30年1月16日(火)16:30~17:30
場所 八仙閣
参加者 67名 (支部理事、委員)
内容 建設コンサルタントを巡る最近の動向
記事 建設通信新聞九建日報建設工業新聞

[2018.01.11]建設関連五団体共催 平成30年新年賀詞交歓会を開催しました

特別部会

イベント名 建設関連五団体共催 平成30年新年賀詞交歓会
開催日 平成30年1月11日(金)18:00~19:30
場所 ANAクラウンプラザホテル クラウングランドボールルーム
参加者  287名 (五団体会員 237名、来賓 50名)
記事  建設通信新聞九建日報建設工業新聞
平成30年新年賀詞交歓会 平成30年新年賀詞交歓会
▲平成30年新年賀詞交歓会の様子

[2017.12.09]「夢・アイデア交流会2017」を開催しました

夢アイデア部会

今年度の「まちづくりに関する提案」の応募作品の中から一次審査通過者によるプレゼンテーションや夢アイデアを実現化している方々の活動報告など夢アイデア交流会を通じて、まちづくりに関する人材交流および育成を目標に開催した。

イベント名 夢・アイデア交流会2017
開催日 平成29年12月9日(土)
場所 天神スカイホール(西日本新聞会館16階)
内容
  • 第15回「まちづくりに関する提案の募集」応募36編の中から提案者10名によるプレゼンテーション
  • 実現化プロジェクト活動報告(九州まちづくりプロジェクト)
  • 表彰式・懇親会
審査方法 10名の応募者による夢アイデア発表を行い、参加された皆さんの投票と審査委員会の審査により
「最優秀賞」1編、「優秀賞」2編、「佳作」7編の各賞が選ばれました。
また応募作のなかから「特別賞」1編も選ばれました。
参加者 145 名
新聞記事 建設工業新聞建設通信新聞九建日報
【審査委員会メンバー】
審査委員長 玉川 孝道 氏 / 西日本新聞社 元副社長
審査委員 藤巻 浩之 氏 / 国土交通省九州地方整備局企画部長
審査委員 中川 正裕氏 / 九州経済連合会顧問
審査委員 松永 千晶 氏 / 九州大学大学院工学研究院 助教
審査委員 牧 圭子 氏 / 道守長崎会議代表世話人
審査委員 福島 宏冶 氏 / 建設コンサルタンツ協会九州支部支部長
【受賞作品】
作品名 応募者
最優秀賞
(1編)
いつまでも自宅で元気に暮らすために~便器のないトイレ!?~ 徳永 佳子
優秀賞
(2編)
お国自慢交流会を、老人会の方々を対象に開催する耿舒圓
ちくごプラージュ國武のぶ子
佳作
(7編)
地域ケーブルテレビのさらなる発展~全世代、地域全員が光ネットワーク域内に~清水 奨伍
ふるさとドローン~介護施設老人の為の活き活きふるさと映像提供仕組みづくり~堀 一裕
”自転車のまち”福岡で歩行者天国ならぬ「自転車天国」の実施 岡村宗一郎
Kids Global Park Houda Laaroussi
ぷらんど*ぷらんた~ 天空のHATAKE再生計画~ 髙田 祥平
友末 佑太
3DスキャンとIT技術を使った鎮守の森体感ネットワーク& 保全のための普請推進プロジェクト宮川 央輝
母親と子供の「超憩いの場」 緒方 祥之
園田 裕子
特別賞
(1編)
21世紀のキーワード山内 一意
【発表作品(10編)】
作品名 発表者
地域ケーブルテレビのさらなる発展
~全世代、地域全員が光ネットワーク域内に~
清水 奨伍
いつまでも自宅で元気に暮らすために~便器のないトイレ!?~徳永 佳子
ふるさとドローン
~介護施設老人の為の活き活きふるさと映像提供仕組みづくり~
堀 一裕
お国自慢交流会を、老人会の方々を対象に開催する
耿舒圓
”自転車のまち”福岡で歩行者天国ならぬ「自転車天国」の実施
岡村宗一郎
Kids Global ParkHouda Laaroussi
ぷらんど*ぷらんた~ 天空のHATAKE再生計画~
髙田 祥平
友末 佑太
ちくごプラージュ 國武のぶ子
3DスキャンとIT技術を使った鎮守の森体感ネットワーク&保全のための普請推進プロジェクト 宮川 央輝
母親と子供の「超憩いの場」 緒方 祥之
園田 裕子
夢アイデア交流会2017 夢アイデア交流会2017 夢アイデア交流会2017
夢アイデア交流会2017の様子
夢アイデア交流会2017 夢アイデア交流会2017 夢アイデア交流会2017
夢アイデア交流会2017の様子

[2017.12.08]平成29 年度「防災シンポジウム」を開催しました

対外活動部会 | 防災委員会

今年7月の九州北部豪雨災害では、斜面災害や土石流・がけ崩れなどの土砂災害や洪水災害が発生し、社会資本施設等に大きな被害をもたらした。公益社団法人地盤工学会「平成29年7月九州北部豪雨地盤災害調査団」団長を招き、会員に対して豪雨災害のメカニズム等について講演いただいた。

イベント名 平成29年度「防災シンポジウム」
開催日 平成29年12月8日(金)15:30~17:00
場所 アークビル 2F大ホール(福岡市博多区博多駅東2丁目17-5)
参加者 50名(29社)
内容 「九州北部豪雨災害について」
      講 演 者:九州大学教授  安福 規之氏

[2017.12.04]平成 29 年度 第 2 回河川技術セミナーを開催しました

技術部会 | 河川技術委員会

将来の降水量の変化や今後の豪雨の起こりうる可能性など気象の水工学に関わる問題解決のために、3次元大気モデルを用いた取り組みを紹介し、参加者の河川技術の向上を図った。

講座名 平成 29 年度 第 2 回河川技術セミナー
開催日 平成29年12月4日(月)13:30~15:30
場所 福岡本会場 TKP 博多駅前シティセンター カンファレンス5 
        (福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル8F)

サテライト会場
佐賀  九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎  長崎県建設技術研究センター(大村市池田2-1311-3)
大分  ホルトホール大分 202号(大分市金池南1-5-1)
宮崎  (株)晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 (株)萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
参加者 福岡本会場 47名(25社) 
佐賀会場  10名(3社)
長崎会場  3名(2社)
大分会場  12名(6社)
宮崎会場  8名(3社)
鹿児島会場 6名(4社)
内容
  • 3 次元大気モデルを用いた水工学に関わる問題への取り組み
    石田 桂 氏 (熊本大学大学院 助教)
河川技術セミナー 河川技術セミナー  
サテライト佐賀会場の様子  
河川技術セミナー 河川技術セミナー  
サテライト大分会場の様子
河川技術セミナー 河川技術セミナー 河川技術セミナー
サテライト宮崎会場の様子

[2017.11.22]環境・都市等技術委員会共催セミナーを開催しました

技術部会 | 環境・都市等技術委員会

世界遺産を題材として、観光資源としての活用と保全の切り口から、地域活性化のあり方やまちづくりの取組み方について有識者、自治体の方々から講演をいただき、今後の観光や景観及び地域活性化に向けたまちづくりに従事する技術者にとっての有益な知見を得ることを図った。

講座名 世界遺産と地域活性化における技術者の役割
開催日 平成29年11月22日(金)13:30~
場所 福岡本会場 九州ビル:5階大会議室(福岡市博多区博多駅南1-8-31)

サテライト会場
佐賀 九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎 長崎県建設技術研究センター(大村市池田2-1311-3)
大分 ホルトホール大分 201号(大分市金池南1-5-1)
熊本 八洲開発(株)会議室(熊本市東区月出1-1-52)
宮崎 (株)晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 (株)萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
参加者 福岡本会場  55名(30社) 
佐賀会場   3名(2社)
長崎会場   8名(2社)
大分会場   6名(4社)
熊本会場   2名(1社)
宮崎会場   6名(3社)
鹿児島会場  1名(1社)
内容
  • 事例紹介1 『世界遺産登録と構成資産(端島炭坑)の保全』
    講師:長崎市企画財政部世界遺産推進室 主幹 大町 清次郎様
  • 講演1 『世界遺産と共生するまちづくり』
    講師:田中 尚人 先生(熊本大学政策創造研究教育センター准教授)
  • 事例紹介2 『世界遺産の保全・活用と地域振興(仮)』
    講師:宗像市世界遺産登録推進室 主幹 高倉 庸輔様
  • 講演2 『世界遺産登録による地域保全と地域活性化(仮)』
    講師:柴田 久 先生(福岡大学工学部 社会デザイン工学科 教授)
環境・都市等技術委員会共催セミナー 環境・都市等技術委員会共催セミナー 環境・都市等技術委員会共催セミナー
サテライト佐賀会場の様子 サテライト熊本会場の様子
環境・都市等技術委員会共催セミナー 環境・都市等技術委員会共催セミナー 環境・都市等技術委員会共催セミナー
サテライト熊本会場の様子 サテライト大分会場の様子
環境・都市等技術委員会共催セミナー 環境・都市等技術委員会共催セミナー
サテライト宮崎会場の様子

[2017.11.11~12]共助研「第5回『地域課題発見・解決力』養成研修会」を開催しました

夢アイデア部会 | 九州郷づくり共助ネットワーク研究会

若手建設コンサルタント技術者に、地域住民、NPO活動メンバー、建設コンサルタントシニア技術者、長崎大学環境科学部の学生とともに、フィールド調査、ワークショップ形式によるグループ討議を実施してもらい、地域課題発見、解決能力の基礎を習得する目的で開催した。

イベント名 フィールド参加型 第5回『地域課題発見・解決力』養成研修会
開催日 平成29年11月11日(土)~12日(日)
場所 長崎県雲仙市国見町田代原地区
参加者 建コン協10名、
内容
  • オリエンテーション①【環境省雲仙自然保護官事務所、長崎大学、共助研】
  • 田代原草原ミヤマキリシマ保全活動・フィールド調査①【田代原草原】
  • グループ別ワークショップ①・発表【「田代原草原」あらましマップ(案)作成】
  • オリエンテーション②【林野庁長崎森林管理署】
  • フィールド調査②【「遊々の森」利活用マップの確認】
  • グループ別ワークショップ②・発表、総括【田代原草原マップ完成・課題整理他】

[2017.11.9]平成29年度情報セキュリティ講習会を本部情報セキュリティ専門委員会と開催しました

技術部会| 情報委員会

情報セキュリティやBCP対策に関連する施設の紹介、近年課題となっている標的型攻撃・内部不正に対するセキュリティ対策、その他情報セキュリティ対策の基本などについて考える講習会を開催した。

講座名 平成29年度 情報セキュリティ講習会
開催日 平成29年11月9日(木) 13:30~17:00
場所 八重洲博多ビル ホールA(福岡市博多区博多駅東2-18-30)
内容
  • 建設コンサルタントでのデータセンター施設利活用について
  • 標的型攻撃・内部不正による情報漏えいの事例と対策
  • 情報セキュリティ対策の基本と身近なリスク
参加者  46名(28社)
記事 建設工業新聞九建日報

[2017.10.31]本部・総務部会財務専門委員会主催の経営分析説明会運営を後援しました

総務部会| 総務委員会

協会加盟会社の経営資料として作成している「建設コンサルタンツ協 会加盟会社の経営分析」の数値データを用いた分析説明会を開催した。

講座名 経営分析説明会
開催日 平成29年10月31日(火) 13:40~
場所 福岡朝日ビル 16号会議室(福岡市博多区博多駅前2-1-1)
内容
  • 第一部 平成28年の経営分析
    ~調査票の集計結果に基づく基本分析~ 講師 財務専門委員
  • 第二部 平成28年の経営分析
    ~働き方改革と労働生産性~ 講師 財務専門委員
参加者  41名(32社)

[2017.10.27]本部主催品質セミナー”エラー防止のために”開催を支援しました

技術部会 | 品質向上委員会

管理技術者・若手設計担当者などの実務者層を対象に、事例紹介と技術的な観点から留意点・対策を提案している「成果品に関するエラー事例集」をテキストに、エラーに対する認識を高め防止策を学ぶ機会として開催した。

講座名 技術委員会/品質セミナー”エラー防止のために”
開催日 平成29年10月27日(金)9:30~17:10
場所 福岡本会場 天神ビル 10号会議室 (福岡市中央区天神2-12-1 天神ビル11 階)

サテライト会場
佐賀 九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎 長崎県建設技術研究センター(大村市池田2-1311-3)
大分 ホルトホール大分 408号(大分市金池南1-5-1)
熊本 八洲開発(株)会議室(熊本市東区月出1-1-52)
宮崎 (株)晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 (株)萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
参加者 福岡本会場 午前 会員 103名( 41社)、非会員 3名( 3社)、発注者 5名 
福岡本会場 午後 会員 103名( 41社)、非会員 3名( 3社)、発注者 2名
佐賀会場  午前  8名(3社)、午後 10名(3社)
長崎会場  午前  7名 (2社)、午後  7名(2社)
大分会場  午前 18名 (9社)、午後 18名(9社)
熊本会場  午前  4名 (3社)、午後  3名(2社)
宮崎会場  午前  8名 (5社)、午後  8名(5社)
鹿児島会場 午前  1名 (1社)、午後  1名(1社)
内容
  • セミナー概要説明
  • エラーの技術的分析と改善策
    (土質・地質、道路/トンネル、橋梁、鉄道、河川構造物、砂防・急傾斜)
  • 全体質疑応答
記事  建設工業新聞
エラー防止のために エラー防止のために エラー防止のために
福岡本会場の様子 サテライト佐賀会場の様子
エラー防止のために エラー防止のために エラー防止のために
サテライト熊本会場の様子 サテライト大分会場の様子
エラー防止のために エラー防止のために エラー防止のために
サテライト大分会場の様子 サテライト宮崎会場の様子

[2017.10.26]道路技術委員会 リカレント教育講座2を開催しました

技術部会|道路技術委員会

入社10年程度の技術者を対象に技術力向上と情報提供を目的にi-ConstructionおよびCIMに関する基礎的知識の習得を目標とした講座を開催した。

講座名 道路技術委員会 「設計技術者のためのリカレント教育講座2」
開催日 平成29年10月26日(木) 13:00 ~ 17:00
場所 八重洲博多ビル 11階 ホールA(福岡市博多区博多駅東2-18-30)
内容
  • 『i-Construction について』 『建設業界をとりまく課題とi-Construction による生産性向上施策について』 講師:九州地方整備局 企画部 施工企画課 課長補佐 坂元 豊久 様
  • 『九州地方整備局におけるi-Construction の取り組み状況等について』 講師:九州地方整備局 企画部 技術管理課 課長補佐 田平 秀樹 様
  • 『モデル空間-i-Construction からCIM へ-』 講師:熊本大学 モデル空間研究所 研究員 増田 敦彦 様
参加者   77名( 44社)

[2017.10.19~20]道路技術委員会 見学会を開催しました

技術部会|道路技術委員会

道路・橋梁・トンネル工事の現場及び、PC工場等を視察し、今後の実務に役立てることを目標に現場見学会を開催した。

講座名 平成29年度 道路技術委員会「現場見学会」
開催日 平成29年10月19日(木)~20日(金)
見学場所
内容
  • PCメーカー工場 の見学
  • 国土交通省 熊本河川国道事務所 九州横断自動車道延岡線 建設現場 の見学
  • 国土交通省 熊本河川国道事務所 国道57号北側復旧ルート 建設現場 の見学
  • 国土交通省 熊本復興事務所 阿蘇大橋 現場状況 の見学

参加者 1日目:31名(19社)、2日目:31名(19社)

[2017.10.18~19]河川技術委員会 見学会を開催しました

技術部会|河川技術委員会

現地見学会では、平成28年4月の熊本地震で被災を受けた復旧現場として白川・緑川(熊本地震災害復旧事業)、立野ダム工事現場、これに加えて球磨川(堰再生事業・浸水軽減対策事業)、荒瀬ダム撤去工事現場の見学を予定し、現地の事業内容・経過説明を事業主体である熊本河川国道事務所、立野ダム工事事務所、八代河川国道事務所、熊本県企業局や現場代理人の方々から説明を受けることにより、、時事の河川技術の現場を知る貴重な学習機会となると同時に、同業他社の技術者と交流を図ることで自他共に刺激を得ることのできる良い機会をえることを目標とした。

講座名 平成29年度 河川技術委員会 現地見学会
開催日 平成29年10月18日(水)~19日(木)
見学場所
内容
  • 熊本河川国道事務所(事業概要説明)
  • 白川・緑川:河川改修・災害復旧現場見学(白川改修・災害復旧事業説明)
  • 立野ダム:工事現場見学(災害復旧・ダム建設事業説明)
  • 球磨川:八の字堰再生事業(事業概要説明、事業箇所見学)
  • 球磨川:渡地区浸水軽減対策事業(事業概要説明、事業箇所見学)
  • 球磨川:荒瀬ダム撤去現場(事業概要説明/道の駅坂本、工事状況見学)

参加者 1日目;26名(14社)、2日目;24名(13社)

[2019.10.18~19]九州建設技術フォーラム2017に出展しました

対外活動部会|防災委員会 対外活動部会|広報委員会 夢アイデア部会|夢アイデア企画委員会

九州建設技術フォーラムは、新しい建設技術の開発・活用・普及の促進をより効果的に図るため、「産」、「学」、「官」それぞれが新技術の開発・活用の取り組みについて情報を発信し、「産」、「学」、「官」で技術情報のプレゼンテーションや展示等の形をとりながら連携を深め、九州の更なる建設技術の発展を目指し開催した。

イベント名 九州建設技術フォーラム2017
開催日 平成29年10月18日(水)13:00~17:00
平成29年10月19日(木)10:00~16:30
場所 福岡国際会議場 (福岡市博多区石城町2-1)
内容
  • 防災委員会
    パネル展示/防災ポスター展示、防災セミナー紹介
  • 広報委員会
    ブース展示/建設コンサルタンツ協会の広報
  • 夢アイデア企画委員会
    プレゼンテーション/まちづくりの夢・アイデアの紹介と支援
参加者 九州建設フォーラム2日間来場者数 3138人

[2017.10.17]建設関連業五団体主催「平成29年度独占禁止法に関する会員研修会」を開催しました

特別部会|独禁法に関する特別委員会

会員に対して、独占禁止法遵守の重要性を再認識させるために研修会を開催した。

講座名 建設関連業五団体主催 「平成29年度独占禁止法に関する会員研修会」
開催日 平成29年10月17日(火)14:00~16:30
場所 (財)福岡県中小企業振興センター「大ホール」
参加者  249名 (うち建コン会員 100名/74社)
主催団体 (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部
(一社)福岡県測量設計コンサルタンツ協会
(一社)福岡県地質調査業協会
(一社)日本補償コンサルタント協会九州支部
(一社)全国上下水道コンサルタント協会九州支部
講演内容
  • 講演Ⅰ 「独占禁止法等の概要と最近の違反事例について」  
    公正取引委員会事務総局九州事務所 総務課長 伴 伸宏 様
  • 講演Ⅱ 「これからの建設産業政策について」  
    国土交通省九州地方整備局 建設産業調整官 天方 正彦 様
記事 九建日報 、 建設工業新聞 、 建設通信新聞

[2017.10.13]総務企画委員会 契約のあり方講習会を開催しました

総務・企画部会|企画委員会

コンサルタント業務における契約の重要性に関する理解を深めることを目的として、大森弁護士をお迎えし、主に会員会社役員・従業員、発注者を対象とし開催。今年度は、さらに、受発注者双方が契約上の問題に対して共通の認識を持って頂くための講習となるよう「受発注者の技術対話の確立に向けて」として開催した。

講座名 平成29年度 契約のあり方講習会(九州支部)
開催日 平成29年10月13日(金)15:00 ~ 17:10
場所 福岡本会場 八重洲博多ビルホールA(福岡市博多区博多駅東2-18-30)

サテライト会場
佐賀 九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎 長崎県建設技術研究センター(大村市池田2-1311-3)
大分 ホルトホール大分 410号(大分市金池南1-5-1)
熊本 八洲開発(株)会議室(熊本市東区月出1-1-52)
宮崎 (株)晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 (株)萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
内容
  • 「契約のあり方に関する課題」 企画委員会 契約のあり方専門委員長 大場 健司
  • 講演「土木設計契約上の法的問題」 弁護士 大森 文彦 氏
参加者 福岡本会場 64名 (38社)
佐賀会場  7名 (4社)
長崎会場  5名 (3社)
大分会場  8名 (6社)
熊本会場  5名 (3社)
宮崎会場  6名 (4社)
鹿児島会場 8名 (6社)
記事 九建日報 、 建設工業新聞 、 建設通信新聞
契約のあり方講習会 契約のあり方講習会 契約のあり方講習会
サテライト佐賀会場の様子 サテライト大分会場の様子
契約のあり方講習会 契約のあり方講習会 契約のあり方講習会
サテライト大分会場の様子 サテライト熊本会場の様子
契約のあり方講習会 契約のあり方講習会 契約のあり方講習会
サテライト宮崎会場の様子 サテライト鹿児島会場の様子

[2017.10.13]道路技術委員会 リカレント教育講座1を開催しました

技術部会|道路技術委員会

実務経験3年程度の技術者を対象に、技術力向上と情報提供を目的に開催した。

講座名 道路技術委員会 「設計技術者のためのリカレント教育講座1」
開催日 平成29年10月13日(金)13:00 ~ 17:00
場所 八重洲博多ビル 3 階 会議室6(福岡市博多区博多駅東2-18-30)
内容
  • 『橋梁下部工設計の基礎』 講師:道路技術委員会 立石 佳公氏、高 龍氏
  • 『PC橋設計の基礎』 講師:道路技術委員会 勝谷 康之氏、西村 一朗氏
参加者   57名( 30社)
記事  建設通信新聞

[2017.10.13]地域セミナーin宮崎を開催しました

技術部会 | 品質向上委員会

専門技術的な観点から照査の具体的改善を目指し、個々のエラ-事例の紹介とそれらを是正すべくエラ-防止対策や留意点等を提案し、不良成果品の防止を目的に開催した。

講座名 地域セミナ-in宮崎~エラ-防止のために~
開催日 平成29年10月13日(金)10:00~17:30
場所 宮崎市民プラザ (宮崎市橘通西1-1-2)
参加者 午前 53名( 28社)、 午後 56名( 29社)
内容
  • 堤防の耐震性能照査・耐震設計の留意点について
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 河野委員(田辺委員)
  • 道路土工構造物技術基準・同解説のポイントと設計上の留意点
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 大山委員、五嶋委員
  • 橋梁・トンネルに関する設計エラー事例及び設計上の留意点
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 用皆委員、畑委員、黒木委員
  • 特別講演 宮崎県 工事検査課 課長 巣山 藤明 様

[2017.10.04]道路技術委員会「技術講演会」を開催しました

技術部会 | 道路技術委員会

建設コンサルタンツ協会に加盟する技術者等を対象に、九州の道路行政、平成28年熊本地震により被災した橋梁の被害状況及び復旧工法、人材育成等をテーマとした講演会を開催し、今後の実務に役立てることを目的に開催した。

イベント名 平成29年度 道路技術委員会「技術講演会」
開催日 平成29年10月4日(水)13:30~17:00
場所 八重洲博多ビル 11階 ホールA(福岡市博多区博多駅東2-18-30)

佐賀 九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎 長崎県建設技術研究センター(大村市池田2-1311-3)
大分 ホルトホール大分 404号(大分市金池南1-5-1)
熊本 (株)水野建設コンサルタント会議室(熊本市東区小峰2-6-26)
宮崎 (株)晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 (株)萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
参加者 福岡本会場 82名(37社)
佐賀   7名(5社)
長崎   11名(2社)
大分   12名(6社)
熊本   4名(2社)
宮崎   7名(3社)
鹿児島  4名(4社)
内容
  • 『業界展望を考える若手技術者の会の活動報告~業界活性化の一大ムーブメントを興す~』
    建設コンサルタンツ協会「業界展望を考える若手技術者の会」の代表 伊藤 昌明 様
  • 『平成28 年熊本地震による県管理橋梁の被災状況及び復旧工法等について』
    熊本県 土木部 道路都市局 道路整備課 課長補佐 田村 伸司 様
  • 『道路を取り巻く最近の話題』
    国土交通省 九州地方整備局 道路部長 前佛 和秀 様
記事 建設通信新聞九建日報
道路技術講演会 道路技術講演会 道路技術講演会
サテライト佐賀会場の様子 サテライト大分会場の様子
道路技術講演会 道路技術講演会 道路技術講演会
サテライト熊本会場の様子 サテライト鹿児島会場の様子
道路技術講演会 道路技術講演会 道路技術講演会
サテライト宮崎会場の様子

[2017.9.29]地域セミナーin鹿児島を開催しました

技術部会 | 品質向上委員会

専門技術的な観点から照査の具体的改善を目指し、個々のエラ-事例の紹介とそれらを是正すべくエラ-防止対策や留意点等を提案し、不良成果品の防止を目的に開催した。

イベント名 地域セミナーink鹿児島~エラー防止のために~
開催日 平成29年9月29日(金)10:00~17:30
場所 宝山ホール 第6会議室 (鹿児島県文化センター 鹿児島市山下町5-3)
参加者 午前 29名(21社)
午後 29名(21社)
内容
  • 堤防の耐震性能照査・耐震設計の留意点について
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 和藤委員、小路永委員
  • 道路土工構造物技術基準の改訂ポイントと設計上の留意点
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 横山委員、石井委員
  • 橋梁・トンネルに関する設計エラー事例及び設計上の留意点
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 川畑委員、勝部委員、黒木委員
  • 特別講演  鹿児島大学大学院理工学研究科 海洋土木工学専攻准教授 審良 善和様

[2017.9.29]環境・都市等技術委員会共催セミナーを開催しました

技術部会 | 環境・都市等技術委員会

これまでの多自然川づくり等の河川環境の整備と保全や、「かわまちづくり」を含む地域活性化に係る取り組み事例や、今後の方向性について、有識者、行政の方々から講演を頂き、有益な知見を得ることを目的に開催した。

イベント名 河川法改正20周年:河川環境の整備と保全に係る取り組み事例と今後の方向性
開催日 平成29年9月29日(金)13:30~17:10
場所 九州ビル:9階大ホール(福岡市博多区博多駅南1-8-31)

佐賀 九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎 協同組合長崎卸センター(長崎市田中町1201)
大分 ホルトホール大分 201 号(大分市金池南1-5-1)
熊本 (株)水野建設コンサルタント会議室(熊本市東区小峰2-6-26)
宮崎 (株)晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 (株)萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
参加者 福岡本会場 95名(44社)
佐賀   9名(2社)
長崎   11名(2社)
大分   15名(6社)
熊本   6名(4社)
宮崎   5名(3社)
鹿児島  2名(2社)
内容 事例紹介 1 『福岡県における多自然川づくりの実践事例』
 講師: 中森健一 福岡県久留米土整備事務所 河川砂防課
講演 1 『河川生態系に配慮した川づくり』
 講師: 鬼倉 徳雄 九州大学 農学部 生物資源環境学科 准教授
事例紹介 2 『多自然川づくりの実践事例(直轄河川の事例)』
 講師: 満崎晴也 国土交通省 九州地方整備局河川部 広域水管理官
講演 2 『多自然川づくりのこれまでと近年の状況について』
 講師:島谷 幸宏 九州大学 工学部・工学府研究院教授
記事 建設通信新聞九建日報建設工業新聞
環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー
サテライト佐賀会場の様子 サテライト長崎会場の様子
環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー
サテライト大分会場の様子 サテライト熊本会場の様子
環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー
サテライト熊本会場の様子
環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー 環境都市等技術委員会共催セミナー
サテライト宮崎会場の様子 サテライト鹿児島会場の様子

[2017.09.28]情報委員会「ICTセミナー(CIMの動向と関連情報講習会)」を開催しました

技術部会 | 情報委員会

国土交通省で取り組みが始まったi-Construction並びに、取組みが推進されるCIMについて、国土交通省の動向と建設コンサルタントとしての対応について、会員企業へ周知することを目標とし開催した。

イベント名 情報委員会「ICTセミナー(CIMの動向と関連情報講習会)」
開催日 平成29年9月28日(木)13:30~17:00
場所 天神ビル 9号会議室 (福岡市中央区天神2-12-1 天神ビル11 階)
参加者 69名(36社)
内容 CIM 導入ガイドランの概要 他
i-Construction 関連情報、CIM活用のユースケース、CIM に関するアンケート調査結果報告 他
OCF 活動紹介、関連ソフト紹介
記事 建設工業新聞

[2017.9.22]地域セミナーin大分を開催しました

技術部会 | 品質向上委員会

専門技術的な観点から照査の具体的改善を目指し、個々のエラ-事例の紹介とそれらを是正すべくエラ-防止対策や留意点等を提案し、不良成果品の防止を目的とし開催した。

イベント名 地域セミナーin大分~エラー防止のために~
開催日 平成29年9月22日(金)10:00~17:30
場所 ホルトホール大分201 (大分市金池南1-5-1)
参加者 午前 55名(38社)、発注者2名(2団体)
午後 53名(38社)、発注者2名(2団体)
内容
  • 堤防の耐震性能照査・耐震設計の留意点について
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 小路永委員、田中委員
  • 道路土工構造物技術基準の改訂ポイントと設計上の留意点
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 大山委員、大和委員
  • 橋梁・トンネルに関する設計エラー事例及び設計上の留意点
    (一社)建設コンサルタンツ協会九州支部 品質向上委員会 高山委員、福田委員、古賀委員
  • 特別講演 大分県 土木建築部 工事検査室 室長 高瀬年生様

[2017.9.22]第1回女性技術者交流会を開催しました

総務・企画部会 | 女性技術者委員会

女性技術者が働き続けるために、自分たちが今後どうしていくべきか、またどのような協力・理解を得る必要があるのか、どのような仕組みがあればよいかなどを考え、話し合う場とするとともに、女性ならではの悩みや気になっていることを話題にざっくばらんな交流を目的に開催した。

イベント名 第1回女性技術者交流会
開催日 平成29年9月22日(金)13:30~17:40
場所 ANAクラウンプラザホテル福岡(福岡市博多区博多駅前3-3-3)
参加者 63名(32社)
内容
  • ・基調講演「笑顔で働き続けるためのコツ」
    九州地方整備局女性技術者の会(九WE会)会長 原田佐良子
  • ・参加者全員による意見交換
    「女性が働き続けるために」をテーマにワールドカフェ形式による意見交換
記事 建設通信新聞九建日報建設工業新聞

[2017.9.06]河川技術講演会を開催しました

技術部会|河川技術委員会

河川行政の現状など河川に関する最新の話題を提供し、参加者の河川技術の向上を図る目的で開催した。

イベント名 平成29年度 河川技術講演会
開催日 平成29年9月6日(水)10:15~16:00
場所 本会場 八重洲博多ビル 11F

佐賀 九州技術開発会議室(佐賀市鍋島5-7-23)
長崎 長崎県建設技術研究センター(大村市池田2-1311-3)
大分 コンパルホール305
熊本 水野建設コンサルタント(熊本市東区小峯2-6?26)
宮崎 晃和コンサルタント 会議室(宮崎市大字本郷北方3009-1)
鹿児島 萩原技研会議室(鹿児島市山下町16-20)
参加者 福岡本会場 116名(37社)
佐賀    4名(2社)
長崎    6名(1社)
大分   18名(11社)
熊本    9名(5社)
宮崎   15名(8社)
鹿児島  9名(5社)  
内容
  • 『河川行政の現状とこれからについて』
    国土交通省 九州地方整備局 河川部 河川部長 竹島 睦 氏
  • 『2016 年熊本地震が白川および緑川の河道に与えた影響について』
    熊本大学工学部 社会環境工学科 教授 大本 照憲 氏
  • 『近年の地震や豪雨による土構造物の被害状況と盛土法面の締固め品質の改善に向けた取り組みについて』
    九州大学 大学院 工学研究院 准教授 石藏 良平 氏
記事 九建日報 (PDF 163K, new window)
河川技術講演会 河川技術講演会 河川技術講演会
 
河川技術講演会 河川技術講演会 河川技術講演会
▲河川技術講演会 本会場の様子
河川技術講演会 河川技術講演会 河川技術講演会
サテライト佐賀会場の様子 サテライト熊本会場の様子
河川技術講演会 河川技術講演会 河川技術講演会
▲サテライト宮崎会場の様子
河川技術講演会 河川技術講演会 河川技術講演会
▲サテライト大分会場の様子 ▲サテライト鹿児島会場の様子

[2017.09.01]情報セミナーin大分を開催しました

技術部会 | 情報委員会

導入が推進されるCIMの関連情報や最新動向、情報セキュリティに関する具体的な取り組み等の最新情報を地方会員に提供した。

講座名 情報セミナーin大分
開催日 平成29年9月1日(金)13:00~17:00
場所 大分本会場ホルトホール大分 201 会議室(大分市金池南1-5-1)
佐賀会場 九州技術開発(株) 会議室(佐賀市鍋島 5-7-23)
熊本会場 水野建設コンサルタント会議室(熊本市東区小峯 2-6-26)
宮崎会場 晃和コンサルタント会議室(宮崎市大字本郷北方 3009-1)
鹿児島会場 萩原技研会議室(鹿児島市山下町 16-20)
参加者 大分本会場 27名(116社)
佐賀     6名(3社)
熊本     8名(4社)
宮崎     9名(6社)
鹿児島   5名(4社)  
内容
  • 情報漏えいの事例と対策
  • 情報セキュリティ対策の基本と身近なリスク
  • CIMの動向と関連情報
情報セミナーin大分 情報セミナーin大分 情報セミナーin大分
情報セミナーin大分本会場の様子
情報セミナーin大分 情報セミナーin大分 情報セミナーin大分
▲サテライト佐賀会場の様子 ▲サテライト熊本の会場の様子
情報セミナーin大分 情報セミナーin大分
▲サテライト宮崎会場の様子

[2015.9.1]大規模災害対応演習を開催しました

対外活動部会 | 防災委員会

9月1日の「防災の日」に、大規模災害発生時における会員への支援活動を行うため、会員相互の連絡網の整備を行い、本部と連携した防災演習を実施した。

イベント名 大規模災害対応演習
開催日 平成29年9月1日(金)
場所 建コン九州支部事務局会議室
参加者 支部会員147社 
内容 高知室戸沖にてマグニチュード8.0の地震発生・津波警報発表と想定し、
九州支部でも「災害時行動計画」に基づき災害対策支部を召集・設置した。
同時に、九州地方整備局から災害応急対策支援要請(テックフォース同行技術者派遣要請)に対し、九州支部会員会社に協力を要請し、対応可能な会社を回答する訓練を行った。
記事 建設通信新聞九建日報建設工業新聞

[2017.08.25]平成29年度 若手技術者交流会を開催しました

総務・企画部会 | 企画委員会

建設コンサルタント業界を背負っていく若手社員の人的ネットワークの拡充やコンサルタントとしての自覚・意識を高めるため、平成22年度から若手技術者交流会(若手技術者発表会および懇親会)を開催し、会社の壁を越えた技術者と交流を深めた。

イベント名 若手技術者交流会
開催日 平成29年8月25日(木)13:10~17:40
場所 八重洲博多ビル11階ホールA
参加者 137名(28社) 内インターンシップ25名
内容 建設コンサルタント業界を背負っていく若手技術者の人的ネットワークの拡充やコンサルタントとしての自覚・意識を高めるために、20代・30代の若手技術者を対象に開催。
「①これまでに経験した業務、②技術者像(将来像・夢)、③建設コンサルタントの在り方」をテーマに11名の応募者による発表を行い、支部長・部会長・副部会長(2名)・および企画委員長・企画副委員長(2名)計7名の審査により「最優秀賞」1編、「優秀賞」2編の各賞が選ばれた。
講演 九州支部の活動紹介
建設コンサルタンツ協会九州支部 創立50周年記念事業について
第1回女性技術者交流会のご案内
記事 建設通信新聞九建日報建設工業新聞
【若手交流会発表】
タイトル 発表者
最優秀賞 河川海岸堤防における地震・津波対策の整備優先順位の選定 パシフィックコンサルタンツ(株)九州支社
門間 俊之
優秀賞 地域性を考慮した道路概略設計
~島原道路を対象として~
(株)福山コンサルタント
深町健太郎
頻発する豪雨災害への対応について
~ レーダ雨量の精度と洪水予測への活用 ~
(株)東京建設コンサルタント九州支社
上城 政浩
  地下水塩水化と護岸工事 日本工営(株) 福岡支店
北堀 建太
UAVを用いた河川物理環境評価に関する研究 西日本技術開発(株)
古賀 勇気
多自然川づくり事後評価 八千代エンジニヤリング(株)九州支店
藤田 浩大
自然と歴史を活かした公園の基礎調査 (株)建設技術研究所九州支社
大須賀麻希
巨大防潮堤に設置する樋門設計 第一復建(株)
脇  良宏
地域高規格道路整備による日照阻害の検討 サンコーコンサルタント(株)九州支社
福島  望
実用段階へと躍進した路面下空洞調査技術
調査実績と今後の課題について
応用地質(株)九州支社
大石 佑輔
地域公共交通網形成計画の作成に向けた
移動制約者の意見聴取方法について
中央コンサルタンツ(株)福岡支店
永渕 紘史
若手技術者交流会 若手技術者交流会 若手技術者交流会
 
若手技術者交流会 若手技術者交流会 若手技術者交流会
▲平成29年度 若手技術者交流会の様子

[2017.8.18-24]舞鶴公園ヒツジ除草実験を開催しました

夢アイデア部会 | 夢アイデア実行委員会

寄せられた夢アイデアの具現化・実現化を行い、建設コンサルタンツ協会九州支部の社会貢献活動(CSR)に大きく寄与する活動及び若手技術者の育成のため社会実験を行った。
【目的】
・市街地の身近な公園において、自然(動物)にふれあう機会を創出し、子供たちに感動体験を与えることにより、情操の成育を図る。
・来場者へのアンケート調査を実施し、市民が理想とする都市公園のあり方を研究する。
・公園管理者にヒツジ除草の様子を観察してもらい、ヒツジ除草の効果を紹介する。

イベント名 舞鶴公園ヒツジ除草実験
開催日 平成29年8月18日(金)~8月24日(木)
場所 舞鶴公園西側広場
参加者 延べ 2074人
内容 除草する区域約2000平方メートルを柵で囲い、ヒツジ6頭、ヤギ3頭を放ち、来場者も中に入って触れ合いを楽しんでもらった。また参加者にはアンケートのほか羊をテーマに絵を描いてもらい12月の夢アイデア交流会で展示した。
記事 テレビ:RKB、KBC、FBS、TNC、TVQ
新聞:建設通信新聞長崎新聞西日本新聞毎日新聞
除草前
▲舞鶴公園ヒツジ除草実験 除草前
除草後
▲舞鶴公園ヒツジ除草実験 除草後

[2017.8.1]平成29年度意見交換会を開催しました

対外活動部会 | 対外活動委員会

九州支部固有の課題を抽出して「要望と提案」を作成し、開催に向けて本部を補助した。

イベント名平成29年度意見交換会
開催日 平成29年8月1日(火)16:00~17:30
場所 八仙閣本店 5階(福岡市博多区博多駅東2-7-27)
参加者  九州地方整備局局長以下  17名
 地方自治体        10名
 協会本部 13名、 支部 23名
                (計63名)
内容
  • 協会本部からの「要望と提案」主旨説明
  • 「要望と提案」に対する回答 
  • 自由な意見交換(業務円滑化調整会議結果を含む)
記事 建設通信新聞九建日報建設工業新聞

[2017.07.25]コンクリートに関する3工法およびCIMガイドライン説明会2017 福岡 を日建連と共催しました

特別部会 、日本建設業連合会 九州支部

「機械式鉄筋定着工法の配筋設計ガイドライン」、「現場打ちコンクリート構造物に適用する機械式鉄筋継手工法ガイドライン」、「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」および「CIMガイドライン」の活用推進を行って、生産性向上を図ることを目標に日建連と共催した。

イベント名 コンクリートに関する3工法およびCIMガイドライン説明会2017 福岡
開催日 平成29年7月25日(火)13:00~17:00  
場所 福岡国際会議場 2階 203・204会議室
参加者 199名(90社)
内容
  1. 「CIM導入ガイドライン」の概要説明
  2. 「機械式鉄筋定着工法の配筋設計ガイドライン」の概要説明
  3. 「現場打ちコンクリート構造物に適用する機械式鉄筋継手工法ガイドライン」の概要説明
  4. 「流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライン」の概要説明
CPD プログラム番号 201706140023
新聞記事 九建日報日刊建設工業新聞建設通信新聞

[2017.07.07]マネジメントセミナーを開催しました

技術部会 | 品質向上委員会、本部|マネジメントシステム委員会

イベント名 平成29年度「マネジメントセミナー」(九州会場)
開催日 平成29年7月7日(金)9:10~16:30
場所 天神ビル11階 10号会議室
参加者 企業: 157名( 52社)、発注者団体: 7名( 2団体)  合計: 164名
内容 「システム改善」、「品質向上」、「環境配慮」、「PFI」、「PM」、の 5 つのマネジメン トについて、最新の情報を会員企業に提供した。
CPD プログラム番号
午前 201706050006
午後 201706050007
新聞記事 九建日報建設通信新聞
マネジメントセミナー マネジメントセミナー
▲マネジメントセミナーの様子

[2017.6.30]平成29年度 第1回河川技術セミナーを開催しました

技術部会|河川技術委員会

イベント名 平成29年度 第1回河川技術セミナー
開催日 平成29年6月30日(金)14:30~17:00
場所 TKP博多駅前シティセンター
参加者 118名(44社)
内容 「ALIDの概念と解析条件の考え方」 講師:(株)地盤ソフト工房 安達 健司氏

ALID研究会の主要メンバーとして地盤の液状化に伴う流動現象と残留変形を長年研究されている安達 健司氏を講師に迎え、経験を踏まえた実務に関した現状や課題について最新情報に基づくセミナーを実施しました。併せて、改定された「河川構造物の耐震性能照査指針 堤防編」及び近年の研究分野、今後の展望に関する情報提供をおこないました。
CPD プログラム番号 201706010004
記事 九建日報 (PDF 163K, new window)
河川セミナー河川セミナー
▲河川セミナーの様子

[2017.06.22~2017.06.23]CIMハンズオン講習会を開催しました

技術部会 | 情報委員会

イベント名 CIMハンズオン講習会2017(福岡1)
CIMハンズオン講習会2017(福岡2)
開催日 平成29年6月22日 (木) 9:30~17:30 土工編
平成29年6月23日 (金) 9:30~17:30 Infra編
場所 天神ビル11階 2号会議室
参加者 6/22 土工編 29名 (18社)
6/23 Infra編 26名 (17社)
内容 コンサルタント技術者がCIMガイドライに沿ってCIMを実業務に適用するための第一歩の取組としてどのようにしていけばよいかを考えられるようにすることを目的としています。実際にパソコンを操作しながら、ガイドラインに沿ったモデルの作成方法の取得を目指しました。

■6/22土工編
 使用ソフト:Autodesk Civil 3D
 講習内容:現況地形モデルの作成、土工モデルの作成
 対象分野:道路、河川
■6/23Infra編
 使用ソフト:Autodesk Infraworks
 講習内容:ガイドラインの統合モデルの作成
 対象分野:全般
CPD プログラム番号
 CIMハンズオン講習会2017(福岡1) 201704240009
 CIMハンズオン講習会2017(福岡2) 201704240010
記事 九建日報 (PDF 131K, new window)
CIMハンズオン講習会2017 CIMハンズオン講習会2017 CIMハンズオン講習会2017
▲CIMハンズオン講習会2017の様子

[2017.6.2~3]第39回軟式野球大会を開催しました

総務企画部会|総務委員会

イベント名 第39回軟式野球大会
開催日 平成29年6月2日(金)~6月3日(土)
場所 雁ノ巣レクリエーションセンター
参加者  24チーム
結果 優勝:㈱建設技術研究所
準優勝:ジーアンドエスエンジニアリング㈱
記事 建設工業新聞建設通信新聞
軟式野球大会優勝軟式野球大会準優勝
▲優勝の㈱建設技術研究所 ▲準優勝のジーアンドエスエンジニアリング

[2017.5.29]委員長交流会を開催しました

総務企画部会|企画委員会

イベント名 委員長交流会
開催日 平成29年5月29日(月)15:00~17:00
場所 アスクビル
参加者 24名 (各委員長、企画委員会)
議事
  1. 平成28年度第2回委員長交流会議事録について
  2. 平成29年度事業運営方針について
  3. 平成29年度予算計画について
  4. 平成29年度事業計画について
  5. その他事項
     ・九州支部創立50周年記念事業について(骨子案)
     ・地方会員に対するサテライト講習会について

[2017.05.23~2017.05.24]GIS講習会を開催しました

技術部会 | 情報委員会

イベント名 平成29年度GIS講習会(初級編)【福岡】
平成29年度GIS講習会(中級編)【福岡】
開催日 平成29年5月23日 (木) 10:00~17:00
平成29年5月24日 (金) 10:00~17:00
場所 天神ビル11階 2号会議室
参加者 初級編 31名(29社)
中級編 30名(19社)
内容 ■ 初級編
ArcGIS10.3.1 for Desktop(Basic)
■ 中級編
ArcGIS10.3.1 for Desktop(Basic)
CPD プログラム番号
初級編 201704210001
中級編 201704210002
記事 九建日報 (PDF 139K, new window)
GIS講習会 GIS講習会 GIS講習会
▲GIS講習会の様子

[2017.04.18]平成29年度定時総会を開催しました

総務・企画部会 | 総務委員会

平成29年4月18日、平成29年度定時総会を開催し、下記のとおり報告ならびに決議されました。
場所:ホテル「セントラーザ博多」3階「花筐の間」
議案
(審議)第一号議案 平成28年度事業報告(案)について
(審議)第二号議案 平成28年度決算(案)及び監査報告について
(審議)第三号議案 役員の改選(案)について
(報告)第一号議案 平成29年度事業計画について
(報告)第二号議案 平成29年度予算について
(報告)第三号議案 支部組織の変更について
(報告)第四号議案 九州支部50周年記念事業準備委員会について
記事 九建日報建設通信新聞建設工業新聞西日本建設通信新聞


[2017.04.01]過年度の部会活動について

過年度の部会活動につきましては、九州支部だより(PDF)にまとめております。また2016年~2014年の活動は下記にもあります。