本文へジャンプ
九州郷づくり共助ネットワーク

地域プロジェクト推進-雲仙プロジェクト

共助研とは

活動概要

活動目的 長崎県雲仙市における地域づくり活動の支援を目的としています。
雲仙市一帯は島原半島の北部に位置して、雲仙天草国立公園等の美しく豊かな自然や、温泉リゾート等の観光資源、さらに農水産物等の特産物にも恵まれた特色ある地域です。しかしながら、近年では人口流出や高齢化等に伴う地域の衰退が進行しており、その活性化に向けて地元の活動団体等による様々な取り組みが進められています。
当会の存在を知って連携協力のお誘いをいただいた地元の活動団体と、雲仙地域の活性化や自然環境保全等を支援する活動を続けています。
活動場所 長崎県雲仙市内の全地域が対象です。24年度からは、特に雲仙天草国立公園内の田代原地区を主たる活動場所としています。
活動内容 平成23年度は、都市と農村の交流学習による着地型観光地づくりを目的として地元の地域活動団体により進められた「雲仙の千の物語事業」の活動を支援しました。毎月1回のペースで雲仙市内の旧町エリアを対象とする地域資源学習調査を実施し、今後の地域づくり施策の提案やその発表等を行いました。
平成24年度からは、市内の標高600mの高原に広がる田代原地区で、国立公園内の自然環境保全活動を続けている「奥雲仙の自然を守る会」との連携活動を始めました。同地区に自生するミヤマキリシマの保護活動や同地区を対象とする環境学習のあり方検討等を、同守る会と協働で実施するとともに、新たに長崎大学との連携についても検討を進めています。
ブログ TEAM GEAR代表・松本さんのブログ(外部サイト)
奥雲仙の自然を守る会 (外部サイト)
地図
大きな地図で見る

活動履歴

平成22年 詳しくは
10月16日~17日 事前活動(男達のステージづくり・雲仙市千々石) 通信01号pdf
平成23年
3月19日~20日事前会議(雲仙市千々石) 通信02号pdf
6月18日~19日雲仙の千の物語事業「瑞穂の巻」(雲仙市瑞穂・千々石) 通信03号pdf
7月16日~17日雲仙の千の物語事業「雲仙の巻」(雲仙市雲仙温泉・小浜・千々石) 通信04号pdf
8月20日~21日雲仙の千の物語事業「国見の巻」(雲仙市国見・千々石) 通信05号pdf
9月17日~18日雲仙の千の物語事業「吾妻の巻」(雲仙市吾妻・千々石)) 通信06号pdf
10月15日~16日雲仙の千の物語事業「愛野の巻」(雲仙市愛野・千々石) 通信07号pdf
11月19日~20日雲仙の千の物語事業「南串山の巻」(雲仙市南串山・千々石) 通信08号pdf
12月17日~18日雲仙の千の物語事業「商品企画会議」 通信09号pdf
平成24年
1月21日雲仙の千の物語事業「モニターセミナー」 通信10号pdf
2月11日~12日 雲仙の千の物語事業「事業計画検討会」 通信11号pdf
3月17日~18日 雲仙の千の物語事業「事業計画作成・ミニ報告会」 通信12号pdf
11月17日 「奥雲仙の自然を守る会」との交流会 新通信 1・2
合併号pdf
12月15日~16日 「奥雲仙の自然を守る会」との意見交換会
平成25年
3月30日~31日 第2回 奥雲仙の自然を守る会の方との合同活動 新通信3号pdf
5月23日
7月13日
奥雲仙の自然を守る会との 連携事業
「ミヤマキリシ保全活動」
新通信4・5
合併号pdf
8月3日 奥雲仙の自然を守る会との 連携事業
「ミヤマキリシ保全活動」
新通信6号pdf
9月8日 奥雲仙の自然を守る会との 連携事業
「今後の雲仙プロジェクト在り方に関する打ち合わせ」
新通信7号pdf
10月13日 奥雲仙の自然を守る会との 連携事業
「現地講習会参加、現地の調査」
新通信8号pdf
11月17日 長崎大学環境科部 深見准教授、学生と合同ミヤマキリシマ保全活動 新通信9号pdf
平成26年
2月10日「九州の食 EXPO」 新通信10号pdf
4月26~27日
5月9日
意見交換会
県教育庁との面談
新通信11号pdf
平成27年
5月9日 長崎大学環境科野外研修 新通信12号pdf
11月14日
11月15日
「地域課題発見・解決力」養成研修会 報告書pdf
平成28年
5月6日~7日 現地視察、長崎大学環境科学部野外研修 新通信13号pdf

ページの先頭へ戻る