昭和61年8月4日台風10号小貝川大水害

JCCAの活動成果

昭和61年8月4日台風10号小貝川大水害

災害種別・名称

洪水
昭和61年8月4日台風10号小貝川大水害

体験場所・内容

自宅(木造一棟建て二階)茨城県下館市(現茨城県筑西市)
台風による床上浸水

体験者の専門分野

営業事務部門

被災時の状況

  • 昭和61年8月のまだ明るい夕方、台風の影響で降り続いた雨がたまって、辺りー面海のようになってしまいました。すぐに自家用車で移動しようとしましたが、道路がわからず断念しました。
  • 夜八時ごろ消防車が警戒注意をしておりましたので、その間一階の畳や家財道具を二階へ運びました。
  • 近くを流れる勤行川の堤防が決壊し、階段4段目ぐらいまでの床上浸水になりました。
  • 翌朝、救命ボートに乗り小学校の体育館へ避難しました。

 

被災直後の状況

  • 堤防の決壊が何箇所かあったため、濁流が引くまでは避難生活でした。
  • 断水が何日も続き、被害のない方が飲料水を無料で配布してくれました。
  • 市職員が床下の消毒に何回か来ましたが、12月末まで床は開けたままでした。
  • 家の庭や道路に魚などたくさん流れてきていました。
  • 立体交差に水がたまり通行できなくなり、被災地へ近づくことができませんでした。

 

教訓

  • 災害や非常時に備え、必要最小限のものは準備しておくことが重要です。
  • 台風の場合、まさか大丈夫だろうと油断せず、早めの対応が身を守ります。

JCCAの活動成果