倫理綱領

JCCAの紹介と理念

平成3年5月15日総会承認
平成7年5月16日改正総会承認
令和元年5月23日改定総会承認

 建設コンサルタントは、社会資本整備をリードする自律した専門家集団として、安全・安心な社会の構築と健全な国土の発展に貢献し、もって社会的使命を果たすため次の事項を遵守する。


1.法令、社会規範及び契約の遵守

建設コンサルタントは、法令、社会規範及び依頼者との契約を遵守する。

2.品位の保持

 建設コンサルタントは、名誉を重んじ、常に人格の陶冶を図り、品位の保持に努める。

3.信用と信頼の保持

 建設コンサルタントは、独立した立場を堅持し、誠実な行動により社会及び依頼者の信用と信頼を保持する。

4.技術の向上と品質の確保

 建設コンサルタントは、技術開発に努めるとともに、技術研鑽と技術継承により高い技術力を常に保持し、高い品質のサービスを提供する。

5.持続可能な社会の構築

 建設コンサルタントは、自然環境及び社会環境を良好に保全できる提案を常に心がけ、持続可能な社会の構築を目指す。