「環境を守る」ための社会資本整備

建設コンサルタントという仕事

 建設コンサルタンツ協会では、『社会資本整備のあり方を考える』をテーマに、平成19年度の「生命を守るための社会資本整備」(リーフレット4部作)に引き続き、平成20年度は、「環境を守るための取り組み」と題したリーフレット3部作を作成しました
 "地球環境""川と水の環境""まちの環境"を守るための様々な課題や取り組み、建設コンサルタントの役割について紹介しています。

vol.1 地球温暖化対策、私たちの挑戦

 「地球温暖化とは?」、「今、何が起きているのか?」、「今後の変化は?」、少し考えてみましょう。

 946KB

vol.2豊かな川と海を次世代に、私たちの取り組み

 高度成長期に劣化した川と海の環境に対して、これまで社会資本整備を通じた改善策が講じられ、徐々に良好な水辺環境が回復しつつあります。しかし、まだまだ対応しなければならない問題が多く残されています。

 1204KB

vol.3 美しい日本、私たちのまちの環境を守る

 わが国では、高度経済成長期以降の短期間で急速な都市化が進められてきた結果、都市空間や生活環境の価値が軽視された無秩序な開発が進められてきました。まちは様々な問題を抱えています。

 953KB