技術委員会(道路構造物専門委員会)

JCCAの紹介と理念

平成26年度事業計画

技術委員会(道路構造物専門委員会)

事業計画要旨

1. 橋梁等の道路構造物に関する設計体系や報酬、構造設計技術等に係る検討
2. 関連専門委員会と連携した成果品の品質確保・向上のための活動
3. 「技術資料」作成を含む自主研究、講習会開催
4. NEXCO 東・中・西日本各社との実務者懇談会への参画と検討資料の作成
5. 関連WGと連携した保全業務の環境改善に関する検討、関連外部機関との意見交換会を実施
6. 技術課題対応WGのCIM対応SWG、公益活動SWG、業務体系SWGに参画と検討資料の作成
7. とくに公益活動SWGの一環として、外部協会と連携した設計技術資料の作成
8. 各種の対外活動(外部機関委員会への参加等)
9. 各種の意見照会やアンケート等に専門委員会として対応

実施方法

定例専門委員会(1回/月を基本に計10回開催)、各WGは随時開催    
技術資料作成、照査特別、対外活動(実務者懇談会等)、社会資本維持管理対策特別WG、技術課題対応WG、白書の各WG活動    
自主研究WG(随時)。

スケジュール等

関連専門委員会と「照査に関する特別WG」を構成し、『技術委員会/品質セミナー』を実施    
「若手技術者のための橋梁保全」講習会開催